ホームお知らせ何でも相談できる「かかりつけ医」をもちましょう!

何でも相談できる「かかりつけ医」をもちましょう!

イメージ

西宮市医師会では、「かかりつけ医」と「病院」が連携・協力して、地域の皆様が健康で安心な生活をおくれるよう、またより良い医療を提供したいと考え、病院と診療所の連携を推進しています。

「かかりつけ医」とは、

身近な存在で、病気になったら真っ先に相談できる診療所のお医者さんのことです。「かかりつけ医」をもつことで、日頃から健康に関する相談ができたり、病状や治療についての詳しい説明を受けたり必要に応じて適切な専門医や病院の紹介をしてもらえますので安心です。

「かかりつけ医」をもつと・・・

「かかりつけ医」の紹介状なしにいきなり病院へ行くと、長時間待たされたり、前に受診した医療機関と検査が重複することもあり、無駄が多く、患者さん自身も疲れてしまいます。

このような負担をなくすために、

平成16年10月より「西宮市医師会医療連携システム」が発足され、「かかりつけ医」と「病院」との連携ができました。同じように病院同士でも、それぞれの特長を生かした役割分担をして一人ひとりの患者さんにふさわしい医療を行う地域医療連携をめざしています。

この機会に、体のことで不安になったら気軽に相談のできる「かかりつけ医」を見つけてみてはいかがでしょうか。

イメージ